小石原焼

小石原焼

小石原焼は日本で最初に伝統工芸品に指定された焼き物です。九州、福岡県の小石原という地名に基づいており、1682年、黒田公が中国から伝わった陶芸技術をこの地域にもたらしたのが始まりです。

既存の陶芸技術に新たなひねりを加えた小石原焼は、「実用性の中に美しさがある」という概念である「用の美」を確立しました。

備前焼
びぜんやき
小石原焼
松代焼
大堀相馬焼
波佐見焼
常滑焼
Show More