伊賀焼

いがやき

伊賀焼は三重県伊賀市周辺で作られている陶磁器です。優れた耐火性を持ち、土鍋や耐熱食器などに向いています。


奈良時代に生まれ、「侘び寂び」や茶道文化が栄えた安土桃山時代に茶の湯の陶器としてその名は全国に広がりました。


現在は主に日常雑器が作られています。伊賀の土は熱をすぐに通さず一度蓄熱をするため、食材への熱の伝わり方がよく、調理に適しています。日本で採れる陶土の中で土鍋にできるほどの耐火性を持つのは伊賀の土のみとされています。

​アセミコの伊賀焼職人のご紹介

伊賀焼アセミコ01.jpg
備前焼
びぜんやき
小石原焼
松代焼
大堀相馬焼
波佐見焼
常滑焼
Show More