備前焼

鳴瀧窯

安藤騎虎

安藤騎虎さんの工房と窯は、岡山県備前市伊里中の中心部にあります。

「鳴滝窯」という名前の彼の窯は、現地の滝にちなんで名付けられたものです。

安藤さんは陶芸作家として作品を制作するかたわら、鳴滝窯で備前焼の日用陶器を作っています。

彼の工房のショールームには一匹の看板猫がおり、

この猫は子猫の頃に工房の目の前の道路で安藤さんに助けられて以来、ここで飼われています。

整然とした彼の工房では、窓から岡山の丘陵を眺めることができ、穏やかな雰囲気の中で制作に取り組むことができます。

制作において、安藤さんは自らの手であらゆる作業を進めていきます。

備前焼の制作工程は粘土づくりから始まりますが、この粘土も入念に選んだものを陶器作りに利用できるよう

しっかりと整えたものです。安藤さんは年に2回、春と秋に釜に火を入れます。友人と家族の手を借りた焼成作業は、

最低でも一週間は続き、この間は、釜にいくつかある焚き口に数分ごとに手作業で薪を入れ、温度を調整しなければなりません。

これはとても繊細なプロセスで、小さなミスでも完成品が台無しになってしまうことがあります。

焼成が終わり、作品を冷ました後は仕上げの水漏れ検査と磨き作業です。

備前焼職人

安藤騎虎氏

​ストーリー

備前焼について