The Making of

波佐見焼

波佐見焼の産地は九州長崎県にあります。

今回の旅ではアセミコの波佐見焼カップの生産に関わる一つ一つのメーカーさんを訪ね、

​見学させていただきました。

​長崎に着いて、まず驚いたのは風景の美しさでした。山に囲まれた棚田など、夏の緑が豊かでした。

長崎ちゃんぽんを食べてからは型やさんにお邪魔しました。生地を作るために必要な型、そしてその型を作る型を作っている企業です。様々なノウハウをもつメーカーさんは生地の収縮率や、型ぬきに必要な形状に詳しくて、勉強になりました。

次に訪問したのは生地やさんです。アセミコのカップは型とローラーマシーンで形を作り、その後乾燥した生地を細かい手作業で仕上げます。型で作るものも手間がかなりかかることに驚きました。

次に伺ったのは釉薬の顔料やさんです。自然の顔料を使っているため色には制限がありつつ、沢山の色を開発してます。

​アセミコのカップに使用する色はこだわって、試作を何度も繰り返しました。

中尾郷の細い道を歩いていくとようやく光春窯という窯元にたどり着きます。

ジブリの映画に描かれたような風景で穏やかなオーラが感じられます。

オーナーの馬場さんは若手のスタッフを育てることを大事にし、ギャラリーを作りスタッフの個人作品を展示販売しています。

一日数回火を入れる光春窯の大きい窯ではたくさんの有名ブランドの商品を焼いてます。​

様々な釉薬の種類が準備されていて、職人さんが生地に掛ける作業場で使用されます。

自然豊かな中で物作りをしてる方々の専門知識を生かして、アセミコのカップが作られています。

​今回それぞれの職場を見ることができて勉強になりました。